Editions M.RのGジャンを切る(着る)


涼しくなってからEditions M.RのGジャンに火がついた様でサイズ46 (Sold).48 (Sold)が1点づつなんですけど悩まれている方が両サイズともいらっしゃるのでまたブログで着用。


そして今回は私ならこんな風に合わせますという提案でございます。


是非参考にして涼しくなる来週から使ってテンションを上げてもらいたいです。





・Jacket / Editions M.R / DENIM JACKET (本人私物 完売しております)

・T-Shirts / Editions M.R / Paris T (本人私物 完売しております)

・Pants / EEL Products / 少年パンツ

・Shoes / masao shimizu / Germen Trainer



今気づいたんですけどほとんど前回と変わってない笑


だからやっぱこれがacaciaのスタイルなんですね。


アメカジアイテムであるGジャンをいかに小綺麗に、大人っぽく見せるかだと思います。





というのも悩まれてる方が昔古着が好きで、こう言ったものを着ていた方でだからこそ抵抗があるという部分。


ただそこを払拭出来ない様ないつも通りのGジャンならば私も取っていないと思います。


古着には無い丈の長さと程よい絞り。


そしてそれをウール系のパンツやスラックスといったものと合わせることで男らしさがありつつも上品で大人な佇まいに変えてくれるのです。






わかりやす様にシンプルな白シャツに変えます。


そうするとより渋さが増します。


多分普通の方なら全く興味ない部分なんですよね、こんな些細なところ。


でも服好きだからそこ、この少しの変化でお腹一杯になるくらい満足できるんです。


難しいんですけどこのGジャンを気に入っている方なら感じてもらえているはず。





そして丈が長い分Tシャツ、シャツとの丈のバランスもおかしくならない。


基本Gジャンて丈が短いので、特に後ろなんてGジャンの裾から更に倍くらいシャツの裾が出てるような事になってしまいますがこのGジャンはカバーオールに近いのでそれがなく合わせやすいんです。


ここが渋さを際立てるポイントですね。







閉めてもこの通り。


ピチピチすぎず頑張りすぎている嫌な感じが出ません。


あの頑張っている感じもきっと若いんですよね。


このくらいの余裕がちょうど良い。


色もすごく素敵何ですけど着た時のシルエットだったりディティールも心が燃える部分なんです。


昨日着た方もカーディガンと迷っていましたがこのGジャン着た時の目の変わり様というかテンションが最高でした。

こちらがもアドレナリンを感じるくらいアドレナってましたね。


是非ご検討ください。



*通販未掲載商品も通販も承っております。


気になることありましたらお気軽にお問い合わせください。

メールにて返信がない場合はお電話でお問い合わせください。


問い合わせ

TEL 054-260-7227

MAIL acacia.shizuoka@gmail.com

acacia

住所 静岡県静岡市葵区七間町7-8 Tel 054-260-7227 定休日 / 木曜日 OPEN 12:00 ~ 20:00

0コメント

  • 1000 / 1000