Ten c "Hooded Sweatshirt"


*全ての画像タップして大きくなります


BRAND / Ten c

MODEL / Hooded Sweatshirt

PRICE / ¥28,000 + tax

COLOR / Pink

SIZE / S / M / L

MATERIAL / Cotton100%



冬に大人気だったベンタイル素材の物は今回は必要ないかなと思ったので、あえてスウェットを取ってみました。


スウェットと言ってもmasao shimizuのスウェットとは別物で俗に言うスウェット。「スウェット」「パーカー」とイメージしてパッと頭に浮かぶあのスウェットです。


なんか色がめちゃくちゃ陽気で浮かれていて気分なんです。





もちろん色だけでなく素材も細かく説明すればマココットンと言われる超長綿。


これはエジプト綿の中でも海島綿に次ぐグレードのコットン。


それを製品染めして仕上げています。


この素材は今もCPカンパニーでも使われていてやはりスウェット系ではほとんどこの素材を使っています。






ただ言うてもフリース素材、ベンタイルのような分かりやすく「凄い!」って感じではないです。


ただパターンが思いの外凝っていて、見頃は肩がかなり落ちていてTシャツのような形状に。


そこから袖が付いていて肘部分にはダーツが入っていて前振りに。


なので人の体に沿ったシルエットをしているアナトミックパーカーということですね。






前振りというのはスーツの袖のことで吊るしだと分かりやすいのですが腕に沿って湾曲しています。


スーツの場合は袖を作る時にアイロンで「くせ取り」と呼ばれる工程で行われ腕に沿って曲げるのですがこれはダーツで曲げています。


なので着てみるとストレスなく着れて少し細身になります。


もちろん切り替えがあるということで視覚的にドカジュアルなパーカーとは違った見た目になるのでカッコイイですよね。






あと決め手になったのはフードの付け根と形。


フロントのフードの付け根が少し重なってハイネック気味になっているのが好きで、それによってフードも立って来て形がキマるんです。


前にスーツで重要なのは肩って言いましたが、パーカーならフードですね。






BRAND / Ten c

MODEL / Hooded Sweatshirt

PRICE / ¥28,000 + tax

COLOR / Ice

SIZE / S 一点のみ

MATERIAL / Cotton100%



その陽気っていうのもさっきのピンクとこのアイスを見たら分かるでしょ??


それはもう完全にカリフォルニア。


この辺の色が出ていなかったら取ってないですね。






淡い青緑のような色はストリートブランドでも出ていそうな色合い。


ピンクとアイスの2色はこの幼さが良いのではないでしょうか?


とりあえずホットドックのケチャップとマスタードが映える色です。







BRAND / Ten c

MODEL / Hooded Sweatshirt

PRICE / ¥28,000 + tax

COLOR / Black

SIZE / S / M

MATERIAL / Cotton100%



上記の2色とは全くベクトルが違うブラック。


陽気さは皆無、むしろピンクやアイスのパーカーを着ている人たちを取り締まるSPや用心棒、そしてDrakeが着ているブラック。


製品染めによるシワが一層黒を強面にさせています。






ストリート感はパーカーなので完全には払拭出来ませんが、モードに使えるんでウチに来るお客さんでも抵抗なく使えると思います。


シンプルでシルエットのシュッとしたブラックのパーカーなんでとりあえず持って置いた方が良いです。


金曜、土曜でオシャレして出かけたら日曜はこんなパーカーで体を休ませましょう。







BRAND / Ten c

MODEL / Hooded Sweatshirt

PRICE / ¥28,000 + tax

COLOR / Stone

SIZE / S / M 

MATERIAL / Cotton100%



最後は陽気なピンク、アイスと取り締まりブラックの中間にいるようなストーン。


その色は淡いグレー。


どこか陽気さを残しつつもブラックのようなモードさも感じさせる、大人だけど子供心を忘れていない色。





インディゴに合わせてカリフォルニアしても、ブラックデニムに合わせてニューヨークしてもイケてしまう本当にカジュアル&モードな色。


一番最初に動いた色はピンクなんですけど、見られるのが多いのは断然この色。






これから暖かくなってきたら気分は間違いなくカジュアルに向いて来ると思うのでパーカーは必需品になるのではないでしょうか?


もちろんずっとパーカーではと言うわけではなくジャケットやシャツのコーディネートがあってこそ、急にカジュアルをやって面白いって思えるんですけどね。


宜しくお願いします。



気になることありましたらお気軽にお問い合わせください。

メールにて返信がない場合はお電話でお問い合わせください。


問い合わせ

TEL 054-260-7227

MAIL acacia.shizuoka@gmail.com

acacia

住所 静岡県静岡市葵区七間町7-8 Tel 054-260-7227 定休日 / 木曜日 OPEN 12:00 ~ 20:00

0コメント

  • 1000 / 1000