masao shimizu "ノーカラージャケット"


*全ての画像タップして大きくなります


BRAND / masao shimizu

MODEL / ノーカラージャケット(エルメス カレ仕様)

PRICE / ¥87,000 + tax

SIZE / 2 

COLOR / ベージュ×柄

MATERIAL / Linen100 / Cotton100 / Silk100

*Sold



さて、先ほどの再構築Tシャツに続きましてmasao shimizuのノーカラージャケットのご紹介。


先シーズンもエルメスのカレを使用したコートがありましたね。


それを春夏なんでノーカラーにしたような感じ。




ヴィンテージのカレを使用しているのですが、この柄のチョイスは清水さん本人に任せる形になるので「全体的にまとまるように」と伝えました。


多分展示会のままだと片方が単色の色物になっていた気が。


それが両方柄になり「エルメス感」が強めに。




番組で俳優??の中村倫也さんが着用していたのですが、それくらいステージ衣装にも近いほどデザインが強いジャケットです。


もしかしたら普段着には考えられない方もいらっしゃるかも。


でもこのブランドでこのデザインが出なかったり、取ることがなかったら取扱やめると断言できます。


なぜならそれほどまでにmasao shimizuが凝縮されているし、服を楽しんで欲しいという清水さんの思いが込められている気がするから。


そこをそこを分かってもらう為に私が存在するわけなんで是非とも誰かの手元に届くように頑張って説明します。






本体の生地は浜松で織られたリネン。


このシワ、凹凸、色味、もう最高ではありませんか!


もちろんリネンなんで肌にまとわりつく感じもなく軽く、ドライタッチでこれからの時期着やすいと言うポイントがあると思うんですけど、そんなことよりこの見た目。


オーガニックでナチュラル、ムラ糸が織りなすようなボソッとした質感はヴィンテージに近い温もりを感じる佇まい。


渋いぜぇ〜ッ!!!




水牛ボタンにmasao shimizuの刻印。


ここでプラスチックだったらむしろ面白いですよね。


こうやって手が込んでるのなんてどこのブランドも一緒だと思うし水牛ボタンなんてどこのブランドも使っていますが、このボタンの色はジャケットの雰囲気に合っていて個人的に格段好きです。


誰が作っているか、何で作っているかとか裏側も重要ですけどそれ以前に外見が気に入らなかったら話になりませんからね。


と言うかそこが薄れてきている気がしませんか?




あと、ここ!


ノーカラーなんですけど台襟(高め)が付いています。


だからインナーに襟があるものを着ても収まりが良いです。


本気のノーカラーのような首回りが空いているシルエットだと襟つきのモノ着れないですからね。


ここがあるだけでシャツを合わせた時や首元から胸元にかけてのVゾーンが綺麗に見えます。


と、言うことで着てみたよ♫





サイズ2で少しだけゆとりのある大きさ。


しかしフォーマルな着方をするモデルではないのでこのくらいゆとりあってゆったり着た方が間違いなくカッコイイです。


今回Ten cのスウェットですがインナーをTシャツにしたいですね。


インナーが軽くなればなるほど季節感が出てリネンの質感が活きてくると思います。





もちろんそのリネンも使えば使うほど渋く深いシワが刻まれていきます。


既にヴィンテージのカレを使っているんですが、このリネンそのものもヴィンテージのようにしてもらうのが私は良いと思います。


もちろん雑に取り扱うわけではなく、綺麗に大切に使った上でのシワや使用感ですけどね。


そうやってお客さんの手元に残り続ければこっちも嬉しいです。




1点のみです。


是非ご覧になってください。





*通販サイトはこちら


気になることありましたらお気軽にお問い合わせください。

メールにて返信がない場合はお電話でお問い合わせください。


問い合わせ

TEL 054-260-7227

MAIL acacia.shizuoka@gmail.com

acacia

住所 静岡県静岡市葵区七間町7-8 Tel 054-260-7227 定休日 / 木曜日 OPEN 12:00 ~ 20:00

0コメント

  • 1000 / 1000