KEI SHIGENAGA -Customer Order-


お客様からオーダーをいただいていたKEI SHIGENAGAの作品が昨日届きました。


許可のもと撮影、そして当店では取り扱いのない作品の紹介をしたいと思います。






一周年記念の時から箱が桐箱に変わっていて一層ブランドの世界観が表現されている気がします。


なんだか玉手箱っぽいし。


紐も蝋引きの紐から麻紐へ。





そして今回オーダー頂いたモデルは「KYOKA」


1月にワタルさんが来店された時サンプルを持って来ていて当店の発注外のモデルも見れたんだけど、その発注外モデルで一番見ている方が多かったのがこのモデル。


ただそれにももちろん理由があります。




実はこのモデル、付けやすいように全体を薄くしており着用感が増すように設計。


なのでヘッドの部分が大きくても変にゴツくなくてバランスが良いんですよね。


だからサンプルを付けて気に入っている方が多かったって言う。


ワタルさんがかなり頭で計算して作った作品だから気にいる方が多いのも納得。



#追記


お客様の着用画像です。


全てジュエリーはKEI SHIGENAGAなのですが先に購入された他のものに比べ新品で光沢が強めの今回のモデル。


トップがフラットなので光が反射して最早 "ミラー"




あとお客さんで多いのは時計に合わせたいと言う方。


モードに振りすぎていないKEI SHIGENAGAは時計とも噛み合うので組み合わせて頂く方が多いです。


今回はしてませんが、時計に重ねたバングルなんかも洒落ててオススメの合わせ方。





合わせ方次第でもっとゴツくモードにも、スタイリッシュにサラッと付けることも可能な「KEI SHIGENAGA」


当店でも既に複数個持っているお客さんの方が多くて、各々組み合わせを考えたりその組み合わせに新しいモデルを欲しい等と店頭で談笑していきます。


心中「早くオーダーしろ」と思っているのですがそこはニコヤカに対応。


靴と一緒で全体の方向性を決めるモノなので一緒に悩みましょ。




この作品は金継ぎデザインのシリーズなのでクラック部分にはゴールドが。


僕も最近ゴツメとまではいかなくても、少し動きのあるデザインの物が欲しくてこういったモデルを探しています。


ピンキーとかでも欲しいですし。


で、この画像が一番分かりやすいんだけれどもやはり光沢ですよね。


ゾクッとするほど磨かれたシルバーはまさにジュエリー(宝石)


それは着ければ即分かって頂けると思います。




そしてそれが新しくて、服好きでもエキサイトするブランドだって言う事じゃないですかね?


だって私が服屋になって10年ですがジュエリーという、ファッションでメインで考えることの少ない部類のアイテムがここまでハネて勢い付いているなんて今まで無かったですもん。


このブログ見てる方だけに言うけど、もっと爆発的にハネますこのブランド、多分、絶対、約束します。



でも、そこを考えると服屋のやり方をもっと考えないといけないなと思わされます。


衣類を纏う体は1つでもジュエリー付ける指と手首は12ヶ所ありますし。


なにより、彼らが手元に残るものをしっかり作っていると言うのがミソよね。


信頼も希望もそう言ったところから生まれてくるんじゃないでしょうか。



こんな事書いちゃうのは気持ちいい日差しとAerosmithのFull Circleが良い感じに流れているからでしょうか?



取り扱いモデル以外のオーダーは店頭からでも

こちら公式サイトからでも出来ます。


!是非!




*通販はこちら


気になることありましたらお気軽にお問い合わせください。

メールにて返信がない場合はお電話でお問い合わせください。


問い合わせ

TEL 054-260-7227

MAIL acacia.shizuoka@gmail.com



acacia

住所 静岡県静岡市葵区七間町7-8 Tel 054-260-7227 定休日 / 木曜日 OPEN 12:00 ~ 20:00

0コメント

  • 1000 / 1000