KEI SHIGENAGAのトランクショーで会った人たち

5月31日、お客様(昔からの友達)を連れてKEI SHIGENAGAのトランクショーを見に東京へ。


凄く刺激的で、作品も勿論なのですがそこに集まる人達が会いたかった人が多く会えて嬉しかったな。


ワタルさんとシゲナガさん以外を写真に納めました。


まずRYO君


ロン毛と坊主とニューヨークでずっとワタルさんとブログをやっていた相方。


そしてNYのSOHOのY-3で売り上げ全米No.1だった販売員。(その後ストアマネージャー)


ワタルさんよりも几帳面な感じはトランクショーでも出てて、気を使えるのはもちろん常に周り見て全体を俯瞰していた気がします。


お手伝いで来ていたと思うんですけど、スゲーしっかり仕事していました。


また会ってゆっくり話してみたい。






今回は合同のトランクショーで一緒にやっていた"EYN VAS"のJona 


私は1月のニューヨークで会っていて彼のスタジオで作品を見させてもらいました。


その時と少しラインナップが違うかな。


彼自身日本が好きで頻繁に来ていて日本語も結構喋れるくらいなんですけど、その彼が生み出すモードな作品が凄く塩梅が良いというか、それこそ大味ではなくて日本の侘び寂びを感じる物だった。


作品は彼のサイトで見れてアメリカからの海外発送も出来るので是非。

私はニットキャップ2つ買います。


EYN VAS Oneline Shop





で、やっぱこの人!


アテリエの石崎さんに会えたのは震えた。


台湾行く前だったみたいで時間ない中だったけど話せて嬉しかった。


憧れが強いけどこのデカすぎる背中は追えないし、もっと新しいことをしようって強く思った。


あとHigh&Seekのイコさんも石崎さん帰った後確か来ていた。


あともう一人画像にはないけど、とある人物がいてその人とも何かやりたいと勝手に思っている。





*PHOTO by WATARU SHIMOSATO



私は自分の行った31日にこんだけの重鎮が集まったので私は満足だったのですが、土日はもっと色んな方は来ていてシトウレイさんとか来ていたみたい。


とにかく皆が画面越しに見ていた人に会いにくるみたいな感じで目がキラキラしていて会場がエネルギーに満ち溢れていた。





*PHOTO by WATARU SHIMOSATO


と、ここまで仕事してない感じで書いてますが仕事するのは当たり前なんで書いていないだけで勿論仕事しました。


この会場でしか頼めないモデルの他に新作があったんです。


それがやり方によっては違うブランド始めたくらい雰囲気変わる取り方出来るんじゃないかと思っていて。


ただもうちょっと先だな。




*PHOTO by WATARU SHIMOSATO


お客さんもかなり楽しんでいてこう行った体感型の企画良いなって思いました。


国内限らず海外行っちゃっても良いしね。


今回のトランクショーの模様はYouTubeに夜UPするので是非見てください。


宜しくお願いします。



気になることありましたらお気軽にお問い合わせください。

メールにて返信がない場合はお電話でお問い合わせください。

問い合わせ↓

TEL 054-260-7227

MAIL acacia.shizuoka@gmail.com

acacia

住所 静岡県静岡市葵区七間町7-8 Tel 054-260-7227 定休日 / 木曜日 OPEN 12:00 ~ 20:00

0コメント

  • 1000 / 1000