One Year has Passed...

*タップして画像大きくなります

BRAND / tochca

MODEL / L字ジップ長財布



お店をオープンする前、tochcaのアトリエに伺ったのですが

「革で選ばれるのはガルーシャとクロコが一番多い」

と言う話だったし、実際EELの直営店で扱っていたのもガルーシャレザーでした。


その頃の私といえば超絶ボロボロの本当に人前に出すのが嫌なほどのお財布を使っており、常にお財布を探していたのですが心の奥底ではtochcaの長財布にしようと決めていて実際入荷して即購入。


しかもそれが今まで持った頃のない長財布と言う形状、そして何と言ってもガルーシャレザー(エイ革)


それはそれは興奮しました。


そんなガルーシャレザーの小物と付き合い始めて一年が経ちました。


そこで今日は店頭にある新品のガルーシャの長財布と経年変化を見比べてみようと思います。




BRAND / tochca

MODEL / L字ジップ長財布

PRICE / ¥85,000+tax

COLOR / Black

MATERIAL / Garusha(エイ革)

*通販ページはこちら


手前:新品 奥:一年使用の私物



店頭で説明する際に「これはガルーシャレザー、エイ革なんです」という説明をすると9割は「???」「エイって魚の???」となります。


私も当たり前のように説明していますがエイ革なんて普通馴染みないですよね。


ただその見た目や「凹凸のある表面なので一切傷にならない」「魚なので他のレザーと違い水にも強い」という説明で引き込まれる方が多いです。


正直私は丈夫さで言ったらクロコよりも丈夫だと思います。


それは上の画像を見てわかる通り。


凹凸が欠けていたりレザーの表面に出来やすい爪で引っかいたような傷は皆無。


むしろ私の使っている方が手の脂が入ったからか光沢が増して新品以上の新品さを醸し出している気がする。



↑ 新品



↑ 一年使用


ガルーシャではないパイピング部分(牛革)の部分も見てみましょう。


使っていて思ったのはこの部分、最初はクスんでいて白っぽくなっているんですが1年使用して光沢が絶対的に増して来たかなと思います。


ガルーシャにあまり変化がなかった分この縁の光沢が一層綺麗に見えて良いコントラストのように思えます。


因みにパイピングがほつれたり破れたりと言うことは一切なし、状態は新品時と変わっていません。





そしてジップ。


この画像は光の反射でこの色の違いが生まれているのではなく、実際に新品は深いイエローゴールド。私物はやや白っぽいくすんだイエローゴールドになっています。


ここは一番手で触れる部分ですし、真鍮という素材もあって変化がありますね。


もちろんまだ磨けば新品くらいまで色は戻りますが私、真鍮は錆びていたり変色しているのが凄い好きでカッコイイと思ってしまう人間なのでこのまま放っておいて育てたいと思います。






さて、今回の検証結果が出ましたね。


「ガルーシャ(エイ革)は一年くらいではそんな変化しない!」



丈夫で上品なガルーシャレザーの長財布、人生の相棒になりうるモノなので気になる方是非お問い合わせください。



*通販はこちら

気になることありましたらお気軽にお問い合わせください。

メールにて返信がない場合はお電話でお問い合わせください。

問い合わせ↓

TEL 054-260-7227

MAIL acacia.shizuoka@gmail.com

acacia

住所 静岡県静岡市葵区七間町7-8 Tel 054-260-7227 定休日 / 木曜日 OPEN 12:00 ~ 20:00

0コメント

  • 1000 / 1000