masao shimizu "再構築ブルゾン"

BRAND / masao shimizu

MODEL / 再構築ブルゾン

PRICE / ¥63,000+Tax

SIZE / 1 / 2 / 3

COLOR / Old Levis

MATERIAL / Cotton100%



masao shimizuといえば再構築デニムでしたが今期は再構築ブルゾンが登場。


これがかなり魅力的だったのでパンツの方はオーダーせずにこちらだけオーダーしました。


デニムと違い、今期ウエスタンで土臭い感じに惹かれている自分としては裾のほつれや3rdタイプと分かるやり過ぎていないデザインはビッと来ました。





それは再構築デニムがやり過ぎてると言う意味ではなくて、デニムってそもそもデザインが無いと言っても良いくらいじゃないですか?


だからあのくらいデザインが入っていても良いんですけど、そのノリでブルゾンもやられてしまうとファッショナブルになり過ぎてブッ飛ぶ過ぎだと思うんです。


でも3rdの原型を残しつつリメイクされた今回のデザインは見事としか言いようがなく、そりゃ即買いするほど気に入っております。





そう考えるとニット、コート、このブルゾンて全て買うこの今期masao shimizu全買です私。


そのくらいキテるんですよね、今期のマサオ。





前も言ったんですけど、今とある理由でUS Levisを集めてるんです。


でもヴィンテージブームだからか中々見つからない。


そんな日々デニム見まくっている私としてはこのブルゾンのデニムは90年代より前のモノが中心だと推測。


青みが強くやや茶が入ってくる感じ。


それより新しくなるとフィリピンとかの工場で色がもっと濃い緑が入ってくるような色になり個人的にあまり好きな色ではないんですよね。


この空と大地を感じられるコントラストを生むものこそ "THE DENIM" なんじゃないかなと思っています。






再構築なんでもちろんデニムを買って解体する作業があるわけなのですが、それもmasaoさんの拘りが強く出る部分。


この縁やアタリの色落ち具合を作品で使いたいらしく、それを取り除かれてしまう解体の仕方をする工場があったりして解体すら難航するみたいなんです。


確かに工場からしたら色落ちがどうとか考えないですもんね。


だから再構築デニムも最終的に一人で作るという所に辿り着いたみたいです。


良い物が作れないなら全て自分でやる、というこのDIY精神は完全にパンクです。





見ての通りパターンも凝っています。


凝っているんだけど凝り過ぎていて説明を聞いても服作ってた身からしても「何言ってるんですか?」と言うくらい謎。


そしてその訳分かんない量も多い。


唯一理解できたのが銀のボタンと水牛の茶色のボタンで留める位置を変えられるので身幅を出したり減らしたり出来ますと言うこと。


あとは目で見て感じて欲しい、以上!



気になることありましたらお気軽にお問い合わせください。

メールにて返信がない場合はお電話でお問い合わせください。

問い合わせ↓

TEL 054-260-7227

MAIL acacia.shizuoka@gmail.com


acacia

住所 静岡県静岡市葵区七間町7-8 Tel 054-260-7227 定休日 / 木曜日 OPEN 12:00 ~ 20:00

0コメント

  • 1000 / 1000