Muddy Style

Blouson / EEL Products / Sunday Blouson / ¥26,000+Tax

Knit / EEL Products / ノルディックセーター / ¥27,000+Tax

Pants / EEL Products / 少年パンツ / ¥30,000+Tax



昨日紹介したEELのサンデーブルゾンの着用です。


私でサイズMを着用しています。




着方によると思うのですが、インナーに厚手のニット(ノルディックセーター)を着ているのでMサイズ。


Sサイズで閉めて着たらムッチムチでした。


でもこれがTシャツだったり、このブルゾンをシャツのように着る

といった場合はSサイズでも良いかなと思います。

*私くらいの身長の方は




でも多くの方がGジャンに近いアウターの感覚で着ると思います。


だからいつものサイズで買ってもらって中にニットやスウェットを着てアウターとして使い、真冬はその上にコートを着るくらいの感覚で良いのではないでしょうか。


というかノルディックセーターくらいの厚みのあるニットを中に着ていたらDoor to Doorなら余裕でイケると思います。





薄手のアウターが好きで、masao shimizuの再構築ブルゾンやART COMES FIRSTのジップブルゾンなど様々なモデルがありますがこれはその中でも土っぽくて渋い部類ですよね。


他の二つがキャッチーなデザインの分、これに惹かれるタイプの人も多いと思います。


土っぽくても上品で大人な感じ。





コヨーテ、チャコールと2色とも土っぽいんだけど、よりモードなのはチャコール。


コヨーテがベージュに近いので合わせ方では凄くカジュアルになりますが、チャコールはカジュアル感が少なく重厚感があるのでどうやってもヘビーな感じに。


でもそれが良い。


オイリーでズンとした佇まいが最高。




パンツはやっぱウールのパンツが引き締めてくれて一番良いと思います。


このサンデーブルゾンは毛足こそありますがコットンなので見た目が凄く冬かと言ったらそうではないです。


だからパンツや他の部分で冬っぽいものをプラスしてもらいたいですし、それはスラックスのような物だと上品さ、大人っぽさが出るからバランスが取れます。




独特なムラのある表情がやはり最高。


もうパッと見でカッコいいじゃないですか。


価格や作っているブランドどうこうじゃなくて、結局そこが楽しいし服でワクワク出来るポイントなんだと思います。


だからかこの一枚から色んなこと想像出来る。




モノを聞いたり、見たりした時にパッと絵が浮かぶモノって良くないですか?


合わせや場所、一緒にいる人さえもイメージ出来てしまうくらいのモノ。


それはきっと服以外にも言えることなんでしょうけど、そんなイメージ出来てワクワク出来るものが大切だと思います。


楽しい時期でヤンスなぁ。




気になることありましたらお気軽にお問い合わせください。

メールにて返信がない場合はお電話でお問い合わせください。

問い合わせ↓

MAIL acacia.shizuoka@gmail.com

acacia

住所 静岡県静岡市葵区七間町7-8 Tel 054-260-7227 定休日 / 木曜日 OPEN 12:00 ~ 20:00

0コメント

  • 1000 / 1000